FC2ブログ
管理人からのサイト紹介
ダイエットに取り組んでいる人に役立つ情報を日々提供します。
私は筋肉をつけて、体脂肪を減らすダイエットを行っています。理想の体型を目指す人へ^^
痩せるための方法や、体験談をまとめています。みんなで楽しくダイエットを成功させましょう!
ホーム > スポンサー広告 > 筋トレ時でも1日2食。プチファスティングで細マッチョを目指す!ホーム > 1日1食、2食の健康ダイエット! > 筋トレ時でも1日2食。プチファスティングで細マッチョを目指す!

スポンサーサイト



スポンサーリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサーリンク




▶私がプロテインを飲んだ体験や感想をまとめています。
筋肉をつけたい方や、ダイエットをしたい方にお勧めできる内容です。
 プロテインは私たちの身近に置いておきたい便利な食品です!
★プロテイン体験や感想のレビュー 



▶私が使用した筋トレ便利グッズ体験を載せています。
★筋トレに便利なグッツ
 
IMG_1386.jpgIMG_0974.jpg
 
▶正しい方法で行えば男性の憧れの大胸筋も思いのままに手に入る!
▶自宅で胸筋をつけれます。上の写真は自宅で簡単につけることが出来た筋肉です
 お世辞にも一生懸命にトレーニングしたとはいえません。  
 それでも正しい方法で行えば筋肉を手に入れることが出来ます!
トップページに戻る


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

筋トレ時でも1日2食。プチファスティングで細マッチョを目指す!



スポンサーリンク


今日はプチファスティングについてのお話をしていきます。
簡単に説明すると、プチ断食です、断食の健康効果を得ながらダイエットを
成功させようという話です。

私は健康効果と一緒に脂肪を減らして筋肉をつけて「細マッチョ」な
体も同時に手に入れる方法を行っています。

● プチファスティングとは?
1日1食にするか、1日2食で生活するかです。

プチファスティングには胃腸を休ませて、体の中を綺麗にする作用が
あります。これを一般にデトックスといいます。

デトックスは女性には馴染みの言葉でしょうが、男性にとっては初耳
の言葉かもしれません。簡単に説明するとデトックスは体の中にある
様々な老廃物(毒物)を排出して解毒してくれる作用です。

女性がダイエットをしていると美容について意識が高まってくるので
デトックスを行うようになりますが、男性はダイエットを行っていて
美容の方向には意識は行きません。

ではデトックスは美容以外には必要のないものでしょうか、そうでは
ありません。

デトックスは体内の解毒作用があるので、病気にかかりにくくなったり
私達の体を蝕む老化原因のある活性酸素を抑えてくれる役割があります。

プチファスティングをするとデトックスを促進することが出来るので
私は断食ではなくプチファスティング(プチ断食)をお勧めしています。


● ファスティングが健康に良い理由
ファスティング(断食)が健康によい理由は、さきほどお話をしました。
胃腸を休ませて体の老廃物を出すことです。

それにより、ダイエット中の人は体重を減らすことが出来てメリット
がありますし、美意識の高い人にはお肌が瑞々しくなり艶が出ます。

現代に増えている、生活習慣病も上手なファスティング(断食)行え
ば改善することが出来ます。

生活習慣病には様々な理由があると思いますが、一番の原因は食生活
です。以前までは成人病とも呼ばれていました。

近年、成人未満でもかかる人が増えた為、生活習慣病になったのです。
明らかな食生活の乱れだということがわかります。

適度なファスティング、プチ断食だと食事を制限することが出来て
カロリーの過度な摂取、脂肪分の過度な摂取を抑える事が可能になり
生活習慣病を予防できることになります。

ダイエットも出来て健康も向上できる方法ですので是非あなたも試し
てみてください。体は軽くなるのを感じます。

私がお勧めするのは1日2食のプチ断食です。


●1日2食のプチファスティングの簡単な方法
3食にしている人がほとんどだと思うので、まずは1日2食にする
努力をしていきましょう。

最終的に私がお勧めしている方法は1日2食の方法です。
それも2食の内1食は流動食だけの食事にするようにしています。

朝食は抜いて、昼食は流動食を頂き、夕食は栄養分の豊富な食事を
取るようにしてください。

おすすめのメニューは日本食です。野菜を豊富に含んだ、魚中心の献立です。
日本食は非常に効率的に栄養分を補給できて体に良い成分も含まれているので
健康食やダイエット食には最適です。

私が勧めるのは、昼食は100%の野菜ジュースとヨーグルトを食べて、夕食は
栄養豊富な食事をするというメニューです。

夕食は基本的に食べるものは指定していませんが、ジャンクフードや調味料を
たくさん使ったような料理を食べているとすぐに栄養失調になり体調不良
を起こすことになります。

一番良い方法は、夕食を流動食にすることかもしれませんが、夕食を流動食に
した場合には空腹と戦いながら就寝することになるので長続きしません。

出来る方はしたほうがいいと思いますが、私は何度も試して失敗に終わって
いますので、あなたに合った方法で行ってください


● 細マッチョは小食でも実現できる
私がプチファスティング(プチ断食)をお勧めするのには他にも理由があります。

プチファスティング(プチ断食)をしていると自動的にダイエットになるので
脂肪を落としていくことが出来ます。

その期間中に筋トレをきちんと行っていれば、細マッチョを実現できます。
腹筋がシックスパックに割れる、鍛えた筋肉をより目立つように表現する
ことが出来るといった利点がたくさんあります。

プチ断食だと食べる量が減りますが、筋肉に影響はないので安心してください。
正しいトレーニングをしていれば筋肉は衰えずに強くなっていきます。
※ボディビルダーなどは別でしょうが。


● カロリーを落とすことが筋肉にも健康にも良い
カロリーを落とせば脂肪は徐々に減ってきます、カロリーを落とせば
体に対する負担も減り、私たちの体の老化の進行を遅らせることが出来ます。

脂肪が落ちれば筋肉の輪郭が見えてきて非常にカッコよくなります。
勿論、お腹周り、お尻の周りも引き締まり健康体に見えます。

これだけでもすごいですよね!

ですが効果はもっとあります。
まず、健康が向上します。

お肌のツヤ、肥満防止、生活習慣病予防といった人生に関わる大きなことを
予防してくれる素晴らしい方法です。

プチファスティング(プチ断食)は飽食時代の私たち現代人にとっては必要
不可欠な取り組みだと私は思っています。

試してください
違いが分かると思います。

健康で長生きして、いつまでも若々しい体でいたいのならプチファスティング(プチ断食)
を試してみて下さい。

試してみて上手くいかないところはあなたに最適な方法に変更していけば
よいだけです。
必ず良い結果が出ると思います・
一緒に始めましょう^^



1日2食で健康を手に入れ、引き締まった体を手に入れる方法を紹介します。
筋トレを始めたけど脂肪がついて逆に見栄えの良くない体になった・・

そんな悩みを持っている人はたくさんいます。
今日はそんな筋トレをしている人に筋肉をつけながら引き締まったカッコ良い
体の実現方法を紹介していきます。

1日2食で脂肪を減らして筋肉をつける!
その気持ちがある方には役に立つと思いますので是非試してください。


● 筋トレをしていると筋肉を見せたいですよね。
筋トレをする理由としては、筋肉を上手く表現したい!異性に、友人に
アピールしたいという気持ちが強いと思います。

そんな気持ちで取り組んでいたのに、いざ筋トレをしていると筋肉はついた
けど体が大きくなる、腕が太くなるだけで
筋肉のカット(輪郭)が全く見えない・・

このままだと、私は太っちょのままじゃないのか・・
または、太っちょになってしまうのではないか・・

そんな悩みがあると思います。
私も実際にありました。

実は筋トレをして筋肉をつけるだけでは、筋肉を表現する為には
不十分です。

筋肉を上手に綺麗にたくましく表現するためには、筋肉の上に乗っている
脂肪も同時に減らしていくことが重要になります。

筋トレでいくら筋肉をつけても、脂肪が上に乗っていれば
どれだけ、私達が筋肉を鍛えてもかっこ良い筋肉を見ることは出来ません。

筋肉をつけることと脂肪を減らすことは同時に行ってこそ意味があると
いうことを理解しておいてください。



● 1日2食にするとカロリー制限が出来て脂肪を減らせる
筋トレをしていると、たんぱく質の補給などを過剰なほどに気にして
しまい、どうしても食べ過ぎてしまう傾向があります。

筋肉をつけるために食事をたくさん食べる気持ちはよく分かるのですが
これは誤った考えです。

基本的に私達が筋トレをする程度だと食事の量を増やす必要はありません。
確かに質の関しては改善していく必要はあると思いますが、量に関しては
今までと同じか、肥満気味なら今までの量を減らすぐらいで調度良いです。

食べる量を増やす必要のあるほどの筋トレの強度は、毎日部位を変えて
2時間~3時間の筋トレをする人ぐらいです。

多分、そんな筋肉マニアな人は限られた人だけですので私達は該当しません。

筋トレをしていても食べる量を増やす必要はありません。
普段の食事の栄養管理をきちんとしていれば問題ありません。

1日2食で十分筋肉をつけることが出来ます。


● 1日2食の良い理由、何を食べると良いか
1日2食にすると、食事から食事の間に12時間以上の時間が空きます。
そのことにより、胃腸を休ませることが出来て体内浄化を助けることが出来ます。

3食摂取していると絶えず胃腸の中に食べ物が入っている状態になるので
胃が休めません。

その結果、肌トラブルや体内老廃物が溜まりやすくなり、長期的に見れば
体に害になることが非常に多くなります。

1日2食で十分体は健康を保つことが出来ます。
ですが、成人していない方は体がまだ出来上がっていないので1日3食
を維持しているほうがよいでしょう。

成人している人は1日2食で十分栄養補給できます。
私がお勧めしているのは、昼と夜の2食です。

さらに注文をつけるなら昼は「流動食」にすることが望ましいです。
流動食に該当するのは「ヨーグルト」「プロテイン」「野菜ジュース」など
食べ物で固形物のないものにします。

夕食は好きなものを食べます。
好きなものといってもドガ食いを推進したり、ジャンクフードを推進している
ことはないのでご理解ください。

基本的には野菜中心の魚料理を召し上がることが健康にとっても筋肉とっても
良い結果をもたらします。


● 引き締まった体の条件とは?
引き締まった体の条件は適度な筋肉と脂肪の少ない体です。

脂肪が少なくほどよく筋肉のついた全身は見ている人を魅了します。
裸になったときにも大きな効果を発揮しますが、服を着ている状態でも
引き締まったスマートな体というのはわかります。

実行することは2点だけです。
① 筋肉をつけること 
② 脂肪を減らすこと

筋肉をつけるためには、筋トレをすれば実現できます、脂肪を減らす為には
栄養管理をきちんとした食事管理をすれば実現できます。

たったこれだけのことで実現できます。
毎日1時間の運動や高額なダイエット食品なんて必要ありません。

良い行動はシンプルです。
1日2食にして筋トレするだけで私達が思い描いている理想の
体型を実現できます。


● 脂肪と筋肉の関係
筋肉をつけるためには脂肪をつける必要があるという話がありますが
これについては根拠もなく誤解です。

確かにスポーツ選手やボディビルダーがシーズンオフに脂肪のついた体に
なることはありますが、これはあくまで体脂肪をコントロールしているだけ
で別に筋肉を強化するために脂肪をつけているわけではありません。


いくらスポーツ選手といえど年中、体脂肪10%未満で過ごすことは出来ません。
私も体脂肪10%未満のときがありましたが、並大抵の努力ではありません。

一番辛いのは、食べることが出来ないことです。
基本的に炭水化物を含む食べ物は食べることは出来ません。

勿論、甘いものは厳禁です。
そういった事情があるのでシーズンオフ中は、さらに筋力を上げる為に
たくさん食べてトレーニングをしてさらに精度の高い筋肉を手に入れる
ための行動をおこなっているわけです。

その過程で脂肪が付いているだけですので、「脂肪が筋肉に変わる」
「筋肉をつけるために脂肪は必要」という話は誤解です。


● 1日2食で適正な体重を維持しよう。
1日2食の習慣がつけば自動的に痩せることができます。
習慣で筋トレやダイエットは成功します。
勿論、健康の管理についても習慣で全て改善されます。

1日2食できちんとした食生活を送ることが出来れば確実に痩せる
ことができますし、引き締まった体を手に入れることも出来ます。

適正な体重を維持することが健康にも良いですし、筋肉を表現する
のにも最適な状態になります。

是非1日2食を取りきれてください。(゚∀゚)
関連記事


スポンサーリンク




▶私がプロテインを飲んだ体験や感想をまとめています。
筋肉をつけたい方や、ダイエットをしたい方にお勧めできる内容です。
 プロテインは私たちの身近に置いておきたい便利な食品です!
★プロテイン体験や感想のレビュー 



▶私が使用した筋トレ便利グッズ体験を載せています。
★筋トレに便利なグッツ
 
IMG_1386.jpgIMG_0974.jpg
 
▶正しい方法で行えば男性の憧れの大胸筋も思いのままに手に入る!
▶自宅で胸筋をつけれます。上の写真は自宅で簡単につけることが出来た筋肉です
 お世辞にも一生懸命にトレーニングしたとはいえません。  
 それでも正しい方法で行えば筋肉を手に入れることが出来ます!
トップページに戻る


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。